わずか5分。プロ級の【アイキャッチ画像】が作れる無料デザインツール「Canva」とは!

2019 12/16
わずか5分。プロ級の【アイキャッチ画像】が作れる無料デザインツール「Canva」とは!

WordPressで記事を書くのはいいがアイキャッチ画像を用意するのに困っていませんか
ちなみに以前、私は困っていました。
デザインセンスが全くないので画像編集ソフトを使って何とか出来たアイキャッチ画像は作った本人でさえ「センスねぇ~。」ってなるくらい…。
でも、「Canva」を知った私は「マジですごいアイキャッチが簡単に出来るやん!!」ってビックリ。

ちなみにCanvaではロゴ画像、SNS用画像、プレゼン資料、チラシ・ポスターなどアイキャッチ画像以外の作成も出来るので大変重宝しています。

そんなCanvaをみんなにも知って欲しいので今回記事にしました。

目次

Canva(キャンバ)とは

画像
https://www.canva.com/ja_jp/

無料(テンプレートや機能アップに関する有料はある)・オンラインでアイキャッチ画像が作成できる「canva」。ユーザー登録はしないといけないが、無料でたくさんのデザインを作ることができる。
また、先ほどお伝えしたようにアイキャッチ画像以外も作成できる

Canvaが特に使いやすいのは、あらかじめ使えるデザインが用意されているところ。
ベースデザインを選択すると編集モードに切り替わり、「文字の編集」や「背景色の変更」などベースのデザインを壊すことなく編集が出来るので、デザインセンスがない方でもプロ級の画像が簡単に作成できるのだ。

Canvaの良いところ

Canvaの良いところ
  • 無料でも使える
  • 商用利用が可能
  • ブラウザで編集が出来る
  • スマホからも編集が出来る
  • 誰でも簡単にきれいなデザインが作れる
  • 作れるデザインの幅が広い

無料で使える

基本的には無料で使えます。有料になるのは、一部のテンプレートやフォントなどです。
もちろん有料を使用する場合は「購入しますか?」とポップアップが表示されるので
勝手に購入されてる!!って事もありません。

商用利用が可能

Canva内で購入した有料素材は購入したライセンスの条項を守らないといけないが
無料で作ったコンテンツに対しては、特に規定はありません。

ブラウザで編集が出来る

画像編集を行う場合、「ツール」や「アプリ」などを立ち上げて編集をしますが、
Canvaはオンラインのみで編集が出来ます。
なので、違うパソコンからでも画像の編集ができるんです。

スマホからも編集が出来る

専用のアプリがあるので、そこから編集ができます。もちろんブラウザとスマホの連携も出来るので
通勤中やお昼休憩でもスマホから画像編集ができます

誰でも簡単にきれいなデザインが作れる

デザインを作成する場合、どんなサイズのデザインにするのかを選択します。
例えば「ロゴ」を作りたいならロゴを選択すると、ロゴのテンプレートが表示される。
いろんなデザインがあるので自分が気に入ったテンプレートを選択すると
そのテンプレートをベースにして編集をすることができる。
もちろん決まったサイズだけではなく「カスタムサイズ」を編集することもできます。

作れるデザインの幅が広い

先ほどの例えで「ロゴ」をお伝えしましたが他にも多数の編集ができます。
ほんの一部ですが、以下になります。

Canvaで作成できる一部デザイン
  • Blogバナー
  • Instagramの投稿画像
  • A4文書
  • YouTubeサムネイル
  • ロゴ
  • Facebookカバー
  • プレゼンテーション
  • ポスター
  • Twitterヘッダー
  • カスタムサイズなど

ロゴのテンプレート

画像

Facebookカバーのテンプレート

画像

プレゼンテーションのテンプレート

画像

ポスターのテンプレート

画像

メニューのテンプレート

画像

まだまだありますがこのあたりで…。
無料で使えるテンプレートの種類も豊富にあるので気に入ったテンプレートがあったら
選択することでデザインを変えず、文字のみ変更とかデザインの色を変更するなどができます。

Canvaのまとめ

少しこだわった画像やデザインを簡単に作成することが出来るので
WordPressのアイキャッチなどに便利です。
また見るだけでもデザインの勉強になるので
この機会に登録をしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次