糖尿病は改善できる|生活習慣を見なおそう

栄養補助食品

健康のために冷え対策を

笑顔の女性

病気を招く体の冷え

病院で診断を受けても、どこも悪いところはないと言われるのに調子が悪いという方は、冷え性が原因かもしれません。人間の体は36.5度以上の体温を維持しなければ、免疫機能を正常に保てないのです。冷え性になると抵抗力が衰えて、急激な気温変化、季節の変わり目などの環境変化に対応できなくなります。冷え性対策は昔から健康維持の要とされていましたが、最近は特に重要視する方が増えており、足浴やフットバスなどの温浴マシンも登場しています。今後も冷え性対策マシンは数多く登場すると予測されており、特に下半身を温めるものが多く登場するでしょう。人間の体は足先からくるぶしまで温熱すれば、全身が温まる仕組みになっています。この方法ならのぼせる心配がなく、安全に体を温められるのです。

冷え解消によい食品とは

冷え性は慢性化しやすいため、早めの対策が必要となります。毎日の食事で摂りたい食品は、しょうが、肉類、青魚、香辛料、植物油などです。調理の仕方にもこだわり、例えば野菜を摂るときは生サラダよりも温野菜にしたほうが体を冷やしません。食事を摂ると胃腸が温かくなるのを実感するでしょうが、これは摂取したカロリーが燃焼しているからです。体を冷やさないためには、1日3回はしっかりと食事を摂るべきでしょう。食事を摂るたびに体が温まり、冷えをリセットできるのです。あとは飲み物はなるべく温かくして、体の中から免疫力を高めていくことです。免疫力が低下すると冷え性を招きやすく、風邪などのリスクも高まります。健康維持のためにも、季節に関係なく体を温めていきましょう。